エゾノギシギシ,Acchi,ハセガワアツシ,長谷川淳,はせがわあつし,Atsushi Hasegawa エゾノギシギシ」とはヨーロッパ原産の帰化植物です。
小学生の頃から「エドノギシギシ」と間違って憶えていました。
ブログの内容とはそれほど関連性は無いかな。。
でもなんかイイんだよね、不思議な響きが☆
Acchiことハセガワアツシの適当な日記みたいなものです。
2011年8月28日日曜日

生肉自粛ムードの中

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
おふくろ選手達と行った池袋にある焼鳥屋

特に行く店を決めていた訳ではなく
街を歩いている中で何となくそこにしたんだけど
最近の生肉自粛ムードの中
普通に鶏のタタキとかとりわさとか
白レバーの刺身を提供していました。

タタキととりわさはまぁ普通だったのですが
さすがにレバーは表面に軽く火を入れてありましたね。

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

火を通したところがどうしてももっさりとして
食べた感じが重たくなってしまいます。

こんな御時世なのでそれはまぁオッケーなのですが
若干1名の太ったふくよかな女性店員の
ホスピタリティーの低さと
注文した料理の提供のタイミングが非常に悪く
とてもがっかりしました。

注文する時に一番最初に刺身を頼んだのも関わらず
かなり時間が経って出て来た焼物を全部食べ終わった頃に
ようやく鶏のタタキとかレバ刺しが出て来たり

〆もので焼きおにぎりと鶏のスープを頼んだら
焼きおにぎりを食べ終わって
だいぶ経ってからスープが出て来たり……

焼鳥やその他の料理の味も
特別美味しいというレベルでも無かったし

間違いなくもう選ばないよね●

とりあえず店としては残念な店でした。
  

0 Comments


Leave a Comment