エゾノギシギシ,Acchi,ハセガワアツシ,長谷川淳,はせがわあつし,Atsushi Hasegawa エゾノギシギシ」とはヨーロッパ原産の帰化植物です。
小学生の頃から「エドノギシギシ」と間違って憶えていました。
ブログの内容とはそれほど関連性は無いかな。。
でもなんかイイんだよね、不思議な響きが☆
Acchiことハセガワアツシの適当な日記みたいなものです。
2013年3月31日日曜日

他の誰かを愛せたら

Posted in , , by Atsushi Hasegawa | Edit
  
ここ数年間ずっと形にしたかった曲が1つありまして
今年こそ3月28日まで何かしらの形にするぞと
あまり時間も無い中動画を作ってみました。

もし曲の背景などに興味がある方は3年前に書いたブログ
Holyをご覧頂ければと思います。

歌とギター1本の弾き語りの曲で
我ながら歌もギターもへっぽこのテイクですが
宜しければご覧下さい☆




「他の誰かを愛せたら」 作詞・作曲/長谷川 淳


未だに僕は 君の事忘れられずに
閉じ込めて鍵をかけた 心を塞ぎ込んだまま 

二人で過ごした あの頃には帰れない
当たり前な事なのに どこかに目をそらして

もし流れる時間戻せたら 何かを変えれたのかな?
失う前に出来る事があったはずだよね

灯りの無い部屋の隅で膝抱えていました


あれから僕は 他の誰かを愛せない
すれ違う人の中に  君の面影探して

立ち止まったままの僕を何処かで見ているのかな?
新しい扉を開けその先へ進まなきゃだよね

他の誰かを愛せたら微笑んでくれますか?



目黒川沿いで花見

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
愛すべきチーム大岡の仲間達と
中目黒まで花見に行って来ました。

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

まぁ花見と言ったものの
ただ路上で酒を飲んでるだけでしたけどね☆

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

21時を過ぎ灯りも消えたあたりで集合写真
暗くて後ろの方に居るモリリンは大岡さんのスタンド状態w

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

桜とビルとお月様がキレイで写真を撮ってみるも……
目で見た感覚はなかなか写真に上手く収まらないものですねぇ★

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

解散かと思いきやその後結局居酒屋へ

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

次の日も朝から仕事なので
普通に終電で帰るつもりが結局朝までコース。

最後は大岡さんと林さんと3人になり
大岡さんの強烈な希望により始発までキャバクラへ。。

店を出た後でチカラ飯が食べたいという大岡さんの誘いを振り切り始発で帰宅w
疲れはするけどこんな日も大切ですよね○

一人でスタジオ

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
先日1人でスタジオに入りました。

ハセガワアツシ

今回の目的はギターや歌の練習では無く
3月末までにどうしても作りたかった動画の撮影。

その動画に関してはまた後ほどウプします☆

2013年3月25日月曜日

スガちゃんとダブんちへ

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
先週末スガちゃん含めて4人くらいで飲んだ後
結局スガちゃんと2人でもう一軒

入口がスパイラルで本が並んでいて何かイイ感じ

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

料理はちょっとお値段が高めだけど洒落てて○

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

店内にも本が沢山並んでいて
何だか文学人にでもなったような気分w

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

ピクルスの盛り合わせなんかも無駄に洒落てたず!

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

そんな洒落た店をビール一杯で抜け出し
まさかのダブんちに突撃!

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

ずっと気になっていたキリンのGRAND KIRIN飲んでみましたが
味に関してはあまり良く覚えていません。。

と言うよりは飲んでる途中で寝落ちしてしまい
半分くらいはダブが飲んでいました☆

GRAND KIRIN

そう言えば3人そろってサイコパスの最終回を見る前で
理想のエンディングとか、どんな終り方になるのか予想したりしましたが
全然予想外の終り方でしたね★

カトキチ 冷凍うどん

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
だいぶ今更な感じですけど
最近カトキチの冷凍うどんにハマってます。

何が素晴らしいって袋のまま電子レンジで3分30秒チンするだけで
茹でたてのうどん?が出来ちゃうので
茹でる手間や余計な鍋の洗い物が減るので非常に助かります○

5食入りのパックがスーパーで220円〜240円くらいで売ってまして
裏話ではございますが実はセブンイレブンの冷凍うどん(2食で100円)も
中身は同じ冷凍食品で有名なテーブルマーク株式会社製です。

カトキチ 冷凍うどん

カトキチのうどんを使っていくつか作ってみたので
3つほど紹介してみようかと思います。


1つ目は梅干しと大根おろしのうどん

レンジでチンしたうどんを一回水で洗って冷やして
水気を切った大根おろしに梅干しをのせて麺つゆをかけたのですが
大根を買った時に葉っぱが付いていて捨てるのももったいなかったので
細かく刻んで塩で揉んだものを麺にちらせて食べました。

見た目はネギっぽいですけど
ネギよりもシャキシャキとした歯応えがあってイイ感じでしたよ○

カトキチ 冷凍うどん

2つ目はスープカレーうどん

実は普通のカレーうどんを作るつもりで
タマネギをじっくりとバターで炒めて肉などを加えて
さてルウを入れようと思ったところあるはずのルウが無く
急遽炒め物用のカレーパウダーと牛乳でごまかした一品です★

予想に反してスープカレー的な感じで美味しく仕上がってラッキーでした○

カトキチ 冷凍うどん

3つ目は釜玉うどん的というかカルボナーラ風なヤツです。

レンジでチンしたうどんに玉子の黄身とバターとベーコンをのせて
軽く醤油をたらしてブラックペッパーをふりかけるだけ

それこそ5分もかからずにあっと言う間に出来ますが結構美味しいです○

カトキチ 冷凍うどん

こんな感じで最近カトキチの冷凍うどんにハマっているわけですが
手軽に美味しいうどんが作れますのでまだ試した事が無い方は是非
カトキチのうどんを試してみて下さい☆

舌平目のムニエル

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
舌平目が安かったのでムニエルにしてみました。

舌平目のムニエル

この他に当然ゴハンを炊いてスープも作りましたが
食費としては一食300円以下!

手間はかかりますが自炊はやっぱり良いですね○

ゴツいステーキ

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
謎の体調不良を乗り越え
ようやく普通に食事を出来る様になったと同時に
しばらく離れていた自炊を頻繁にやってます○

お腹の調子が良くなったのを良い事に
ごつい霜降りの肉を食べました。

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

200gで2,000円のお肉を半額でゲットして
そのまんまステーキに!

付け合わせにジャンボしめじとホウレン草

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

かなり厚みのある肉だったので側面も含めて
強火でがっちり焼きを入れたつもりだったけど想像以上にレアでした☆

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

お肉自体はとても美味しかったのですが
霜降りでかなり脂の多い部位を200gも食べると
最後の方は正直気持ちワルくなってしまいました。。

何事もほどほどが良いですね★

2013年3月18日月曜日

大岡ハウスに12人

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
ここ数ヶ月間もはや恒例行事となっている大岡ハウスでの宅飲み
今回は過去最高の12人もの人が集まりました。

出だしは買い出し班などの先発隊6人で乾杯

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

隆ちゃんが持って来てくれたウインナーみたいなやつ
スパイシーでハーブの香りも効いていて○

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

トモオオ作のキュウリのおつまみ
シンプルでハズレの無い味だったね。

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

高見さん作のとん平焼き

ワタクシはこの時厨房に入っていたのと
胃腸の調子が悪く食欲が無かったため一口も食べれませんでしたが
みんながウマいウマいと絶賛してました○

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

新タマネギをスライスしてシンプルにポン酢と鰹節で

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

タケノコ・アスパラ・エリンギ・しめじ・ベーコンのバター炒め

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

トモオオ作のチャーハンと
奥にちらっと見えるのがコム作のトルティーヤ

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

何故か突然始まった腕相撲大会
まさかのモリリンに負ける大岡氏w

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

誕生日が近かったトモオオとモリリンにサプライズ

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

この日は前日あまり寝てなかったり胃腸の調子が悪かったりで
料理してても味見するもの気持ち悪くて少し辛かったのですが
沢山の人が集まってとても楽しい時間を過ごせました○

来月もまた集まれたらいいですね☆

NEW ダブんちへ

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
ミユちゃん達と飲んだ後
最近引越をしたダブんちに行きました。

だいぶ酔っぱらいながら朝方の神社でお参りするダブ

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

引っ越したばかりだからなのか?
あまり家で料理をする状況や必要性が無いからかなのか……


本来ガスコンロがあるべき所に何故かCDJがw

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

思いのほか自然な感じでハマってますw


お互い次の予定があり少しだけ仮眠してすぐにバイバイになりましたが
また改めて遊びに行きたいと思います☆


予定が無ければ一緒に伊豆に行きたかったなぁ。。
残念だぜ★

ミユちゃんと

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
もはや先々週の週末のお話ですが
超久しぶりにミユちゃんと飲みました○

スガちゃんと飲んでた所にダブから連絡があって
ミユちゃんがワタクシとスガちゃんと会いたがってるからと連絡があり
タッキーを召喚した後
下北のとりとんくんで飲んでたダブとミユちゃんと合流。

ぶれっぶれの1枚

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

そして普段2人が同時に居る事が珍しいという
リジョロのブンちゃんとたじやんの2人にも会えました○

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

この日の話題の中心は武器商人w

それぞれの描く未来や進む道は違えど
いつまでも繋がっていたい仲間達です○

仲間こそ人生の宝ですね☆

調子の悪い時は

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
最近公私ともにあまり調子のヨロシク無い日々を送っているため
だいぶ久しぶりのブログ更新になります。

「公」の方に関してはね、、
まぁ仕事していれば色々とありますのでそれは良いとして

「私」の方なんですよね問題は。
ズバリ体調がヨロシク無い。

だいぶ良くなっては来たのですが
一週間くらいずっと食欲不振と言うか胃腸が弱ってるような感じで
何かを食べても3口くらい食べるともうお腹いっぱいw

今は普通にゴハンが食べれる様になりましたが
久しぶりに家でお粥を炊いて食べました。

お粥

やっぱりお粥には梅干しだよねぇ◎

欲を言えばこの梅干しははちみつを使った甘めのやつだったけど
お粥のお供に関しては赤くて酸っぱい梅干しの方が合いますね。

お陰さまで胃腸の調子は戻ったのですが
それと同時に謎の足痛にも見舞われてまして。。

こちらに関しても1週間くらい経ったのでだいぶ良くなって来ましたが
立つだけで足の裏側のモモからふくらはぎのにかけ全体的に鈍い痛みあって
歩くのも立ってるのも辛い日々が続いておりました●

原因は良く分からないのですがまだ少し膝の辺りに腫れを感じたりと
これも歳のせいかとか感じる今日この頃。

体の調子が悪いとメンタル面にも響いてしまいますが
どんな時も結局は気の持ちようでどうにでもなるというか
「笑う門には……」では無いですが
ポジティブな思考で生きていれば良い方向に進んで行くものだと思いますので
日々前向きに生きて行くだけですね☆

2013年3月5日火曜日

STAN SMITH 2

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
   
1月に書いたブログSTAN SMITHPATRICK PUNCHでも書いたのですが
今現在アディダスのスタンスミスの製造が中止されていて
靴屋さんを廻ってもどこにも売っていないような状況になっております。

スタンスミスと一言で言っても
かつてのフランス製の復刻版のスタンスミス80sや
現代的にマイナーチェンジされたスタンスミス2など
製造された年代などで違いもありますが
ネット上での声を見てみるとやはり80sの方が人気があって
スタンスミス2の方はちょっと……という反応が多い様に感じます。

ネットで探すとまだ少し残ってる在庫もあるみたいですけど
新品で残っている物はほぼほぼスタンスミス2で
80sの新品はまず見つからないと言っても過言では無い状況かと。。

かく言うワタクシも80sのホワイト×ゴールドが欲しくて
探してはみましたが見つからなかったため
スタンスミスの代役としてPATRICK PUNCHをゲットしたのですが
たまたま状態の良いスタンスミス2のオールホワイトを見つけ
中古の靴には若干の抵抗があったもののサイズも探していた28㎝
状態も数回履いただけのほぼ新品、値段も5000円程だったので
思わずゲットしちゃいました★

STAN SMITH 2,スタンスミス2

ぱっと見だけだと80sも2もそんなに違いはないのですが
デザインで一番違いが分かり易い部分がヒールのマークですかね。

これはオールホワイトなので割と気にならないのですが
緑とか紺のバージョンだとアディダスマークが露骨に目立って
何となくダサくなってしまうんですよね。。

STAN SMITH 2,スタンスミス2

あと80sの場合タンの部分のスタンスミスの顔がプリントされてますが
スタンスミス2になるとシンプルにadidasって入ってるだけです。

STAN SMITH 2,スタンスミス2

一応横からと

STAN SMITH 2,スタンスミス2

前から

STAN SMITH 2,スタンスミス2

履き心地に関しては80sよりも2の方が足首の周りに厚みがあって
柔らかくホールドされているような気がします。

今でも80sのスタンスミスが欲しい事に変わりはありませんが
とりあえず良いお買い物ができ満足しております○

しばらくはSTAN SMITH 2PATRICK PUNCHの二刀流で走り抜くぜ!

2013年3月3日日曜日

二日続けて笑笑

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
トモオオが戦死した翌日
二日続けて同じ店に。。

笑笑

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

新しい月になり
戦死した者もいれば、執行官から監視官になった者もいて
そしてワタクシはシビュラシステムの判定で数値がアンダー3500

完全に潜在犯として目を付けられているので
このままですとあと一週間もすればドミネーターを向けられ
執行モード・リーサル エリミネーターでイチコロ。。

まぁ戦って死ぬだけですね★

トモオオ戦死

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
来る日が来た。。

トモオオ戦死

最後の宴

ハセガワアツシのエゾノギシギシ用

完全に明日は我が身だな。。

釜あげスパゲッティ すぱじろう

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
釜あげスパゲッティ すぱじろう

すぱじろう

ホウレン草とキノコのソテーみたいなやつ

すぱじろう

たらこと海鮮のクリームパスタみたいなヤツを大盛りで

すぱじろう

まぁまぁだったな☆

日常に音楽を

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
先日友人のSiMoN君のライブを観に下北沢の風知空知に行って来ました。

この日は3組のアーティストさんが出演していて
1組目は高鈴(こうりん)さん。

仕事の後で少し遅れてお店に入った時には既にライブがスタートしていて
高鈴さんの事は知らなかったのでまったくの初見。

ソニーレコードからメジャーデビューしていて
『続夏目友人帳』エンディングテーマの「愛してる」は認知度も高いみたいです
(テレビとかほとんど観ないので全然知りませんでした。すみません。)

歌の上手い人だなぁ〜なんて思っていたらすぐに世界に引き込まれました。

震災で傷付いた人々へ向けての創られた「ただひらすらに」や
自分の実家の事をテーマに創られた「あの家へ帰ろう」など
歌声と歌詞がすーっと心に入って来てその気持ちや情景が浮かんで
自然と涙が出てしまいました。

高鈴


2組目は上田ケンジ(上田健司)さん

the PILLOWSの結成当時ベース担当兼リーダーとして活動されていた方で
今はプロデューサーやスタジオミュージシャンとして
長渕剛さんのツアーでベースを弾いたり小泉今日子さんに楽曲提供したりと
幅広く音楽活動をされてらっしゃいます。

この日は鍵盤の方と2人でふわっとした雰囲気で
小泉今日子さんに提供した「samida- rain」など数曲をプレイ
味のあるイイ感じのライブでした○

上田ケンジさんの事も全然知らなかったので
後ほど過去のインタビューや動画などを調べてみたのですが
地元北海道にスタジオを作られた経緯とか音楽についての考え方など
とても胸をうつものがありました。

上田健司,上田ケンジ


そしてトリはSiMoN君

この日はガットギター1本でのライブで
シャツとガットギターの組み合わせのせいか
心なしかいつもよりも紳士的な雰囲気○

とは言えライブはいつも通りのSiMoN節

決して歌が上手いとかギターが上手いとかでは無いんですけど
彼が歌い出した瞬間に彼の時間になるとでも言いましょうか、
まったくもって自由な彼のライブはいつ観ても不思議な魅力でいっぱいです。

SiMoN


ライブ後のSiMoN君

もうちょっとしたらフランスとドイツにツアー行くらしいです。
相変わらずの精力的な活動は見ているだけで力を貰えます○

SiMoN


そしてこちらはライブ後の高鈴のお二人

高鈴さんはここ最近はほぼ毎日ライブをやっているようで
人々の日常に音楽を楽しめるようにと
仕事帰りにふらっと寄れる様なハコを中心にライブを廻っているようでした。

今後オーケストラとのライブもあるようでそっちも気になります○

高鈴

良いアーティストの良いライブに巡り会う度に思うのが
自分が知らないだけで素晴らしいアーティストが本当に沢山居ると言う事です。

音楽でゴハンを食べて行くのが難しい時代になってしまいましたが
改めて良いアーティストが正当な評価を得て活動を続けて行けるような
土壌やインフラが必要だと感じる今日この頃。

日常に音楽を感じて生きていたいものです☆