エゾノギシギシ,Acchi,ハセガワアツシ,長谷川淳,はせがわあつし,Atsushi Hasegawa エゾノギシギシ」とはヨーロッパ原産の帰化植物です。
小学生の頃から「エドノギシギシ」と間違って憶えていました。
ブログの内容とはそれほど関連性は無いかな。。
でもなんかイイんだよね、不思議な響きが☆
Acchiことハセガワアツシの適当な日記みたいなものです。
2013年3月3日日曜日

日常に音楽を

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
  
先日友人のSiMoN君のライブを観に下北沢の風知空知に行って来ました。

この日は3組のアーティストさんが出演していて
1組目は高鈴(こうりん)さん。

仕事の後で少し遅れてお店に入った時には既にライブがスタートしていて
高鈴さんの事は知らなかったのでまったくの初見。

ソニーレコードからメジャーデビューしていて
『続夏目友人帳』エンディングテーマの「愛してる」は認知度も高いみたいです
(テレビとかほとんど観ないので全然知りませんでした。すみません。)

歌の上手い人だなぁ〜なんて思っていたらすぐに世界に引き込まれました。

震災で傷付いた人々へ向けての創られた「ただひらすらに」や
自分の実家の事をテーマに創られた「あの家へ帰ろう」など
歌声と歌詞がすーっと心に入って来てその気持ちや情景が浮かんで
自然と涙が出てしまいました。

高鈴


2組目は上田ケンジ(上田健司)さん

the PILLOWSの結成当時ベース担当兼リーダーとして活動されていた方で
今はプロデューサーやスタジオミュージシャンとして
長渕剛さんのツアーでベースを弾いたり小泉今日子さんに楽曲提供したりと
幅広く音楽活動をされてらっしゃいます。

この日は鍵盤の方と2人でふわっとした雰囲気で
小泉今日子さんに提供した「samida- rain」など数曲をプレイ
味のあるイイ感じのライブでした○

上田ケンジさんの事も全然知らなかったので
後ほど過去のインタビューや動画などを調べてみたのですが
地元北海道にスタジオを作られた経緯とか音楽についての考え方など
とても胸をうつものがありました。

上田健司,上田ケンジ


そしてトリはSiMoN君

この日はガットギター1本でのライブで
シャツとガットギターの組み合わせのせいか
心なしかいつもよりも紳士的な雰囲気○

とは言えライブはいつも通りのSiMoN節

決して歌が上手いとかギターが上手いとかでは無いんですけど
彼が歌い出した瞬間に彼の時間になるとでも言いましょうか、
まったくもって自由な彼のライブはいつ観ても不思議な魅力でいっぱいです。

SiMoN


ライブ後のSiMoN君

もうちょっとしたらフランスとドイツにツアー行くらしいです。
相変わらずの精力的な活動は見ているだけで力を貰えます○

SiMoN


そしてこちらはライブ後の高鈴のお二人

高鈴さんはここ最近はほぼ毎日ライブをやっているようで
人々の日常に音楽を楽しめるようにと
仕事帰りにふらっと寄れる様なハコを中心にライブを廻っているようでした。

今後オーケストラとのライブもあるようでそっちも気になります○

高鈴

良いアーティストの良いライブに巡り会う度に思うのが
自分が知らないだけで素晴らしいアーティストが本当に沢山居ると言う事です。

音楽でゴハンを食べて行くのが難しい時代になってしまいましたが
改めて良いアーティストが正当な評価を得て活動を続けて行けるような
土壌やインフラが必要だと感じる今日この頃。

日常に音楽を感じて生きていたいものです☆



0 Comments


Leave a Comment