エゾノギシギシ,Acchi,ハセガワアツシ,長谷川淳,はせがわあつし,Atsushi Hasegawa エゾノギシギシ」とはヨーロッパ原産の帰化植物です。
小学生の頃から「エドノギシギシ」と間違って憶えていました。
ブログの内容とはそれほど関連性は無いかな。。
でもなんかイイんだよね、不思議な響きが☆
Acchiことハセガワアツシの適当な日記みたいなものです。
2013年8月22日木曜日

心のグラス

Posted in , by Atsushi Hasegawa | Edit
  
シングルマザーの友人に贈る曲を作りました

友人とのやり取りの中から自然と産まれて来た曲で
他の誰一人の心に響かなかったとしても
たった一人の心に響いたのならそれが全てです。

最近のIBPでやるタイプの曲では無いのですが
エアコンが壊れている我が家で
音漏れを考慮して窓を閉め切り
33度もあるクソ暑い部屋の中で汗だくになりながら作ったので
せっかくだしウプしてみました。





「心のグラス」


伝えたい想いは1つだけ
どんな事が起こってもずっと君の側に居るよ

等身大の心で……
欲しがる物全てに 応えれるようなわけじゃないけど

泣いて 笑って 怒ったりして
色んな事を話したりして
同じ灯りの下でありふれた日々温め窓に写そう

苦しい思いさせてしまうかな?
決して歩き易い道じゃないから
まだ小さな歩幅が大きくなって行くのを共に歩もう

静かな夜に一人だけ
純真無垢な願いの心の奥の答え探していた

揺るぎない誓いを1つ立てる
「間違ったりはしない」とか 言い切るような自信は無いけど

結果がどんなふうになっても 当たり前の過程と違っても
いつも笑顔でいれるように 足りない物を埋めグラスを満たそう

ぶつかり合って皹が入っても 嘘で塗り固めたりはしないから
例えそれが痛みだとしても 真っ直ぐ向き合って分かち合って行こう

新しい季節を紡いだ花冠も
視界に収まりきらない真夏の花火も
新鮮なトキメキで溢れたあの日のサーカスも
幸せの意味をいつも君の笑顔が教えてくれる
拭い去れ無い罪悪感さえ越え

天井いっぱいの星空からこぼれて落ちた一粒の涙と
澱み無い日々に浮かべて流した小さな灯火に乗せた想いが
きっといつか心の陰を照らす
並んで歩いた夢の国のその先のその先の夢を叶えるように
どんな夢も叶えるように


0 Comments


Leave a Comment