エゾノギシギシ,Acchi,ハセガワアツシ,長谷川淳,はせがわあつし,Atsushi Hasegawa エゾノギシギシ」とはヨーロッパ原産の帰化植物です。
小学生の頃から「エドノギシギシ」と間違って憶えていました。
ブログの内容とはそれほど関連性は無いかな。。
でもなんかイイんだよね、不思議な響きが☆
Acchiことハセガワアツシの適当な日記みたいなものです。
2010年7月12日月曜日

生命体 X

Posted in by Atsushi Hasegawa | Edit
演劇ってものに関わった事が無かったから
相変わらず芝居に対する理解力が足りない
ワタクシAcchiことハセガワアツシではありますが
さすがに毎日同じ芝居を見ていると
少なからず気付かされる事はあります。

ここ最近特に強く感じるのは
演劇ってのは生き物なんだなぁって事ですかね。

同じ芝居のはずなのに
昨日はグッと来たところがそうでも無かったり
逆に今までなんてことのないシーンだったのに
何故かものすごく泣けるシーンに見えたり

その違いが、見ている自分自身の心境の変化なのか
それとも役者さんの演技の変化なのか
理由が何処にあるのかはよく分からないんだけど
とにかく見る度に違う感じになるから本当に不思議です。

リジョロは団長の金光さんが
「 生の芝居 」を大切にしているってのもあって
特にそう感じるのかも知れないけど
演劇ってのは奥が深いなぁと思う
今日この頃でございます☆

0 Comments


Leave a Comment